fc2ブログ

記事一覧

コロナ感染者を減らす方法はワクチン接種しかないのか?

 ワクチン接種せずにコロナ感染者を減らす方法はある。 集団免疫を獲得すれば、感染者は激減するという。 インドやペルーのワクチン接種率は非常に低いが、自然感染に任せて集団免疫を獲得してしまったようだという。 短い目で見ると邪道であるが、長い目で見ると自然にまかせちゃった国のほうが繁栄するであろう。...

続きを読む

なぜ与党は国会を開こうとしないのか?

 与党が国会を開かない理由は、コロナに感染したくないからであろう。 国会議員が一般国民より罹患(りかん)しやすいデータは出ているのである。 国会を開くと感染するのであれば、なおさら方策を考えなければならない。 リモートでも国会を開けるように法改正すべきであろう。...

続きを読む

コロナワクチンを打つと他の病気にかかりやすくなるのか?

 あり得る話である。 二兎追う者は一兎も得ずである。 コロナ対策に集中していると、他の病気対策がおろそかにならないとは言い切れない。 このことは、体外でも体内でも同じであろう。●ワクチン●...

続きを読む

米軍は「イスラム国」によるカブール国際空港近くでの自爆テロを予測していたのか?

 何かが起こるとは予測していたであろう。 どこで起こるかが、誰が襲われるかが予測できなかったのであろう。 自衛隊の親分で最強の米軍ですら把握できていないのである。 自衛隊は一刻も早く帰還することであろう。●イスラム国(IS)●...

続きを読む

野村悟工藤会総裁の死刑判決はアリか?

 安倍晋三前首相のスジの話。「前総理」「何だ?」「工藤会のトップ野村悟被告に死刑判決です」「ふうん。私には関わりない話だね」「それが大いに関係あるんですよ」「何だと?」「野村悟被告には殺人などへの関与を示す直接的な証拠がないにも関わらず死刑を言い渡されました」「だからどうしたんだ?トップの指示に決まっているじゃないか」「そうでしょうか?」「そうだよ」「しかし、これがモリカケなどに適用されたら、とん...

続きを読む

なぜタリバンは日本にすり寄ってきたのか?

 タリバンはカネがないのである。 日本は米国のATMなのである。 米国銀行は閉店してしまったのである。 連中がATMに駆け込むのは、理の当然であろう。●タリバン●...

続きを読む

自衛隊機アフガン派遣は米軍による罠(わな)なのか?

 罠ではあるまい。 日本は米国の味方なのである。 味方に罠を仕掛けるような卑劣な連中はいまい。 と、考えるのは平時の思考である。 昔、チャーチル英首相は真珠湾攻撃で米国が攻撃されて喜んだ。 これと同じことである。 今、アフガンで自衛隊機が攻撃されれば、一番喜ぶのは米軍であろう。「やった!日本国民は怒っている! 自衛隊が米軍の代わりに戦ってくれるかも!」...

続きを読む

米軍はアフガンからカネを持って逃げたのか?

 当然であろう。 タリバンは米軍の敵なのである。 アフガンにカネを置いておけば、タリバンに使われてしまうのである。 敵に使われるよりは、持ち逃げしたほうが得であろう。●アフガン●...

続きを読む

なぜ米国人は大谷翔平選手を宇宙人扱いするのか?

 米国人は日本人に負けたくないのである。 完全に日本人に負けていたとしても、絶対に負けを認めたくはないのである。 日本人に負けているのは許せないが、宇宙人に負けているなら許せるのである。 そのため米国人は、大谷翔平選手を宇宙人扱いしたがるのである。●大谷翔平●...

続きを読む

金メダルかじり事件の河村たかし名古屋市長はどうすべきか?

 どうしようもあるまい。 三つ子の魂百までである。 河村市長の奇行は今に始まったわけではない。 生まれつきの素行は、反省しても治らない。 ただ、彼の政治活動は立派である。 今どき、自らの身を削って政治に取り組む政治家はいまい。 中央では煙たがられたが、名古屋市長としてはうまくやってきた。 このことは、誰よりも名古屋市民が御存知のはずである。 それにしても、他人様の金メダルをかじる人がいるであろうか...

続きを読む

コロナワクチンは偽ワクチンではないのか?

 薬屋は本物のコロナワクチンをこしらえているという。 官も信じてお墨付きを与えているという。 が、市中に出回っているコロナワクチンが偽ワクチンである可能性もある。 こんなにもワクチン接種が進んでいるのに、どうして連日過去最多の感染者数を更新しているのであろうか? ワクチンの真偽は確かめようがない。 合うか合わないかは個人差があるので判断しようがない。 変異株もあるので、何に効くのか効かないのか正確...

続きを読む

中国人こそ靖国神社に参拝すべきか?

 先の大戦で日本は敗れた。 が、先の大戦を知っている人で、中国に敗れたと思っている人はいまい。 ましてや韓国に敗れたと思っている人は全くいまい。 ほぼ全員、米国やソ連に敗れたと思っているはずである。 死者もまた同じである。 靖国神社の英霊たちは、中国に敗れたと思っている人はいまい。 ほぼ全員が米国とソ連のせいで敗れたと思っているはずである。 英霊たちが恨んでいるのは、中国ではなく米ソなのである。 ...

続きを読む

日本は憲法のせいで都市封鎖(ロックダウン)できないのか?

 日本は日本国憲法のせいで都市封鎖できないのではない。 日米地位協定のせいで都市封鎖できないのである。 したがって、都市封鎖を可能にするための改憲はありえない。 都市封鎖を可能にするには、日米地位協定の改正が必須である。 そもそも日米地位協定は、不平等条約である。 平時でも不平等条約を改正しようとするのは当たり前であろう。 ましてや今は有事なのである。 在日米軍は、郷に入っては郷に従うべきであろう...

続きを読む

なぜ米国はアフガン戦争で無残に敗北したのか?

 侵略戦争は自転車操業と同じである。 勝ち続けなければ、止まって倒れてしまうのである。 米国の敗走は、アフガンに侵攻した時から定まっていた。 遅かれ早かれ敗北する運命だったのである。 敗北したくなければ、何が何でも居座っていることである。 米軍が居座っている限り、世論は反米にはならない。 日韓を見てもそうであろう。 米軍が居座っている国は、親米を続けるしかない。 かつては日本も侵略戦争をしていた。...

続きを読む

アフガンを制圧したタリバンは核武装するのか?

 タリバンは核武装を目指しているであろう。 核武装しなければ、米国から再攻撃されるからである。 核を持ってしまえば、攻撃されることはなくなる。 核保有国は核保有国との戦争を回避するからである。 しかし、核保有国同士は戦わないという原則は、死にたくない人々にしか当てはまらない。 死をも恐れぬテロリストなどには当てはまらないのである。 タリバンはテロ指定されているが、まだまだ死にたくない人々であろう。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者・桜田史弥(Sakurada Fumiya)が最近のニュースにも口出しします。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング