fc2ブログ

記事一覧

反撃能力で日本が守れるのか?

 岸田政権は三手先、五手先も読めないのか? 反撃能力を行使すれば、再反撃されてしまうのである。 更に攻撃し返せば泥仕合になり、原発が攻撃されてしまうのである。 原発を片付けずして、何が反撃能力であろうか? 肝心なのは攻撃することではない。 攻撃されないことである。 日本に必要なのはトマホークなどぼったくり兵器ではない。 現状では核防衛こそが唯一の戦争回避策であろう。●反撃能力●...

続きを読む

なぜコロナワクチン接種率が下がったのに感染者は増えなくなったのか?

 大正時代にスペインかぜが流行ったときにもワクチンはあった。 しかしそれは偽ワクチンであった。 にも関わらず、3年ほどでスペインかぜは終息した。 ワクチンのおかげではなく、盛者必衰の理からである。●コロナ●...

続きを読む

現状ではウクライナ戦争はエンドレスではないのか?

 ゼレンスキー大統領は威勢がいい。「悪はまだ存在している。私たちはかならず勝つ」 威勢がいい理由は、日米欧からカネをもらっているからに過ぎない。 西側の支援がなければ、ウクライナは戦争を続けられない。 悪は法で裁くべきである。 暴力で退治するものではない。 戦争という暴力の応酬が善人を殺害し、悪人を激増させるのである。 戦争が続けば続くほど、善人は絶滅し、悪人どもを増長させてしまうのである。 現状...

続きを読む

なぜ連合国はウクライナ戦争を止めさせようとしないのか?

 ウクライナ戦争はウクライナとロシアの戦いではない。 ウクライナとロシアの戦いなら、こんなに長引くことはない。 米欧とロシアの戦いだから長引いているのである。 日本などがウクライナにカネを出しまくっているから犠牲者を増やしているのである。 連合国(国連)は戦争を止めさせる方法をいくつも知っているにも関わらず、何一つ実行していない。 ウクライナからの露軍即時撤退要求決議案など何の意味もない。 ウクライ...

続きを読む

ウクライナ戦争一年の死者数<トルコシリア地震一瞬の死者数

 戦争は死人が出る。 が、災害ほどは出ない。 国防は重要である。 が、災害対策より優先することはない。 ウクライナ支援はザルである。 この国は汚職大国なのである。 汚職大国への支援はドブにカネを捨てるのと同じである。 支援すれば支援するほど、悪人が喜び、善人が死ぬのである。 戦争より災害のほうがたくさん死人が出るのに、なぜかウクライナへの支援額に比べてトルコやシリアへの支援額は少なすぎる。 しかも...

続きを読む

なぜ米露首脳は同じ日に相次いでウクライナ戦争について演説したのか?

「ロシアに戦場で勝つことはできない(プーチン露大統領)」「ロシアがウクライナで勝利することは決してない(バイデン米大統領)」 両大統領は本当のことを言い合っている。 核保有国同士の戦いに勝者はない。 米露がいがみ合っているのは表向きだけである。 裏で打ち合わせをしているとしか思えない。 バイデンはプーチンにウクライナ入りだけを知らせたのではあるまい。 互いの本土には手を出さない限り核戦争は起こらず、金...

続きを読む

なぜ米国のウクライナへの軍事支援が5億ドルなのに日本は7400億円もの財政支援をするのか?

 偽善バイデン大統領のウクライナ電撃訪問は茶番である。 事前に極悪プーチン大統領に連絡してからお出かけしたという。 米露は明らかにグルなのである。 バイデンの目的は、ウクライナ支援などではなく、死の商人を援助しているだけなのである。 カネには使用目的は記されていない。 軍事支援も財政支援も同じなのである。「日本は軍事支援はしませんよ」 こんな詭弁(きべん)は世界には通用しまい。 バイデン大統領が新た...

続きを読む

ああ松本零士さん

 松本零士さんの代表作『銀河鉄道999』に「永久戦斗実験室」という話がある。 本物の戦争が見られる観光地・ライフルグレネードの話である。 世界のどこかで戦争が起こるたびに思い出す話である。 今の戦地のウクライナも、次の戦地の日本も、ライフルグレネードであろう。...

続きを読む

2025年に日本列島は戦場になるのか?

 もうすぐワールド・ベースボール・クラシック(WBC)である。 これが終われば次は4年後である。 次はもうないかもしれないのである。 選手も国民も、かみしめておくべきであろう。 もうじき桜の季節である。 桜は来年も見られるはずである。 再来年の戦時下でも負けずに桜は咲くはずである。 あるいは我々が桜と散るかもしれない。 米中は2025年に戦争をおっぱじめる予定だという。 もちろん、核保有国同士の本土では戦...

続きを読む

なぜウクライナ戦争は1年も続いているのか?

 ロシアの悪と米欧の偽善のせいである。 連中は核保有国同士の戦いに勝者がないとわかっていながら、危険な火遊びを止められないのである。 止められない理由は、死の商人どもが油を注いでいるからである。 死の商人どもはウクライナでの「実演販売」の料金を米欧露に支払っているのであろう。●ウクライナ戦争●...

続きを読む

日本H3ロケット発射未遂&北朝鮮大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射

 有事を控えてのロケット発射はミサイル実験と同じである。 打ち上げは日本が失敗して北朝鮮が成功したようである。 一日違いのこのことが公にされてしまったのである。 岸田文雄首相の北朝鮮への抗議は、世界の人々には負け惜しみにしか聞こえまい。 敵基地攻撃は角が立つものである。 反撃能力の応酬で戦火も拡大するであろう。 そうさせないためには、敵にミサイルを撃たせないことである。 撃たれそうになった時は、内...

続きを読む

米国は気球問題で中国たたきを止めたのか?

 米国が中国を責めたのである。 中国は米国に責め返したのである。 米国は日本にも中国を責めさせたのである。 日本が吠えるのを確かめてから、米国は後を任せて引っ込んだのである。 米国の目的は中国と事を構えることではない。 日本と中国をいがみ合わせるのが目的だったのであろう。 台湾有事も同じことが起こるであろう。 米国が仕掛けたとしても、実際に戦うのは日中なのである。●気球●...

続きを読む

エマニュエル駐日米大使「(日米同盟は)守りから攻めの同盟に転換している」

 これもまた「観測気球」である。 中国ヘの挑発というより、日本へ飛ばしているのである。 日本は聞き流すだけであろう。 すべては米国の思惑通りである。●日米同盟●...

続きを読む

米国上空には宇宙人も飛行物体を飛ばしているのか?

 一応、ホワイトハウスは宇宙人の仕業については否定している。 が、疑っている米国民も多いようである。 宇宙人との関係を他言せずに独占したい気があるかもしれない。 また、すでに米国が宇宙人に支配されている可能性もあり得るであろう。...

続きを読む

米国も中国上空で偵察気球を飛ばしていたのか?

 中国からなら偏西風に乗せて簡単に日米加の上空に気球を飛ばせる。 が、米国から中国上空まで気球を飛ばすのは困難であろう。 米国もやっていると後出して中国が非難するのもウソっぽい。 米国はスパイ活動を行っているのは確かであろうが、おそらく別のやり方であろう。●気球●...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者・桜田史弥(Sakurada Fumiya)が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング