FC2ブログ

記事一覧

イラク北部の油田を奪取したクルド自治政府


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 まるで三国志である。
 クルド自治政府のバルザニ議長は諸葛孔明の「天下三分の計」を用いた。
 対立より鼎立(ていりつ)のほうが第三者は介入しにくい。
 が、この計で拮抗(きっこう)は狙えても、凌駕(りょうが)は可能であろうか?
 泥沼化は死の商人らを喜ばせるだけである。
 バルザニ議長も孔明と同じ運命をたどるであろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング