FC2ブログ

記事一覧

集団的自衛権行使容認は安倍政権の暴走なのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 安倍総理は右翼であろう。
 だからといって総理の暴走で集団的自衛権行使を容認したとは思えない。
 総理が調整できる方だということは、第一次安倍政権を振り返れば分かるであろう。
 そもそも総理の目的は解釈変更ではなくて改憲だったはずである。
 解釈変更に転向した理由は、アメリカの強制があってのことに違いない。
「日本も戦争に人と金を出してほしい」
 アメリカは湾岸戦争の時から言い続けていることである。
 アメリカが金欠になるにつれ、「出してほしい」が「出せ」に、「出せ」が「出しやがれ、コノヤロー!」に変わっただけのことであろう。
 にもかかわらず野党は、アメリカを非難せず、安倍政権だけを「暴走だ!」と非難する。
 日米のマスコミも、アメリカを非難せず、安倍政権だけを「暴走だ!」と非難する。
 そうすることで、将来起こるであろう日本の暴発を、歴史的にも「安倍政権の暴走だった」と刻みつけておきたいのであろう。

「集団的自衛権行使を容認しなければ、中国に攻められた場合に困る」
 日本はそう考えるが、アメリカはそうは考えまい。
 アメリカの本音は、「戦争でアメリカ人が死ぬくらいなら、日本人が死ね」なのである。
 戦争の目的も対中ではなく対テロであり、戦地も尖閣ではなく中東なのである。

 アメリカという国は、正義という大義名分がなければ戦わない。
 国連常任理事国同士の戦いでは、正義を勝ち取ることはできない。
 そのため、あんなに仲が悪かったソビエト連邦ともアメリカは直接戦うことはなかった。
 どうしてもという場合は、手下に戦わせたのである。
 対中も同様であろう。
 アメリカが中国と直接戦うことはない。
 どうしてもという場合は、日本など手下を差し向けるつもりであろう。
 こうしておけば、日本が負けたとしても安心である。
「日本が勝手に暴走したんです!」
 すべての責任を日本に押し付けてしまえるからである。
 まるで第二次大戦の時のように――。



● 集団的自衛権 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング