fc2ブログ

記事一覧

ウクライナは米国に感謝しているのか?

 ウクライナ米国に感謝しているはずはない。
 米国を怒らせないためにそう言わざるを得ないだけである。
 本当は腸が煮えくり返っているはずである。
 米国は戦争に勝てる方法をいくつも知っているのに何一つしようとしない。

 NATO軍が露軍の背後を突けば勝てるのである。
 NATO軍が露領に進攻すれば勝てるのである。
 ウクライナを再核武装させれば勝てるのである。
 ウクライナにもっと効率の良い兵器を供給すれば勝てるのである。

 ウクライナはだまされてはいけない。
 米欧露はグルなのである。
 コイツラは今年の念頭に結託して核戦争しない宣言をしているのである。
 核保有国同士が直接戦うことはあり得ないのである。

 しかしコイツラは核戦争はしないが戦争はするのである。
 戦争しなければ、貢いでくれる死の商人どもを喜ばせられないからである。
 そのためにしでかすのが「非核保有国いじめ」である。
 ウクライナ侵攻もまた、連中が常套にしている非核保有国いじめの一つにすぎない。

 日本も他人事ではない。
 日本もまた表向きは非核保有国になっている。
 日本は戦争にはなっていないが、すでにいじめられている。
 そして中露米国のいじめに加わりたがっているのである。



ウクライナ
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者・桜田史弥(Sakurada Fumiya)が最近のニュースにも口出しします。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング