FC2ブログ

記事一覧

教育基本法案「愛国心」ごり押し

 アメリカにもいい面と悪い面があるであろう。
 中国にもいい面と悪い面があるであろう。
 他国のいい面を取り入れ、悪い面を見直すのはいいことである。

 が、「愛国心」を法制化することは、いいことであろうか?
 戦争を正当化するような凶悪で戦闘的な国になっていいのであろうか?
 他国の国旗を焼いて喜ぶような情けない破廉恥な国になっていいのであろうか?

 日本建国以来、暴君名君凡君雑魚餓鬼並みいる日本の為政者たちは誰一人として愛国心を法制化することはなかった。
 憲法十七条、大宝律令、御成敗式目、武家諸法度、日本国憲法などなど、どこにも「国を愛せよ」というような文言が記されることはなかった。
 戦前の大日本帝国憲法や教育令ですら、皇祖崇敬はあっても愛国心についてはどこにも触れられることはなかったのである。

 なぜか?
 聞くまでもない。
 当たり前のことだからである。
 愛国心は日本人の本性、日本人の誇り、生まれつき持ち備えている天性だからである。

 教育基本法は改正すべきであろう。
 しかし何ゆえ愛国心が先決なのか、私には理解不能である。
「暴力・体罰はいけません」
「殺人・傷害はいけません」
「自殺・自傷もいけません」
「不倫・淫行はいけません」
「飲酒・喫煙はいけません」
「不正・賄賂はいけません」
「悪口・讒言(ざんげん)はいけません」
「コビ・贔屓(ひいき)はいけません」
「商売・接待はいけません」
「遅刻・早退はいけません」
「怠慢・サボリはいけません」
「喧嘩・イジメはいけません」
「あいさつをしましょう」
「朝ごはんは食べましょう」
「睡眠は十分にとりましょう」
「給食は公平に分けましょう」
「タッパーは持ち込まないでください」
「危険物は持ち込まないでください」
「ペットは持ち込まないでください」
「雑誌・漫画は持ち込まないでください」
「テレビやパソコンを持ち込まないでください」
「お菓子の持ち込みは300円まで」
「牛乳を飲んでいるときに笑わせないでください」
「電気はこまめに切りましょう」
「教科書に落書きしないでください」
「教科書のカバーと他の本のカバーと取り替えないでください」
「ボールペンで背中を刺さないでください」
「消しゴムは借りたら返しましょう」
「宿題は自分でやりましょう」
「親が手伝うのも反則です」
「ケータイやゲームで遊ばないでください」
「みかんや卵を投げないでください」
「靴に画びょうを仕込まないでください」
「廊下は走ってはいけません」
「机の穴はほじらないでください」
「黒板を引っかかないでください」
「チョークを食べないでください」
「黒板消しをドアに仕掛けないでください」
「テラスで寝ないでください」
「テラスでハトやスズメに餌付けしないでください」
「先生のカツラや入れ歯で遊ばないでください」
「部室で賭博(とばく)ををしないでください」
「プールで体を洗わないでください」
「プールに入浴剤を入れないでください」
「トイレ掃除は嫌がりません」
「トイレ以外で排便をしないでください」
「トイレの紙を自宅に持ち帰らないでください」
「外見より内面を磨きましょう」
「いつも明るくさわやかでいましょう」
 などなど、ほかにいくらでも規定しなければならない項目があるではないか。

 改革はすべきである。
 が、正の変革はすべきでも、負の変革はすべきでない。
 草葉の陰を見るがいい。
「ああ、日本はここまで落ちぶれてしまったか……。こんなことまで法制化しなければならなくなってしまったのか。情けなや……」
 先人たちがオイオイ泣いている姿が見えるであろう!



● 教育基本法案に「愛国心」盛り付け ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/31679314.html

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング