FC2ブログ

記事一覧

アメリカは空爆時に墜落した戦闘機のパイロットを救助できると思っているのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 敵地に墜落したパイロットは放っておくしかない。
 救出できるくらいなら地上戦をやっている。
 地上にはすさまじい怨念が渦巻いているのである。
 遠巻きに空爆するだけでも怖くてたまらないはずである。
 アメリカは「ソマリアの悪夢」が忘れられないのである。

「捕虜のパイロットを焼き殺すなんて、『イスラム国』って、つくづく残酷ですねー」
 日本のメディアは「イスラム国」の悪行だけを痛烈に非難するが、空爆の下というものはどこも同じであろう。
 かつて空爆の下にいた日本も、墜落したB29などの米兵に対して凄惨(せいさん)なことをやってきた。
 B29などは毎日のように空爆に来たため、毎日のように落ちる米兵があった。
 墜落しても、落下傘で脱出すれば助かる米兵もいる。
 しかし、海に降りた米兵は助かるが、陸に降りた米兵は助からない。
「鬼畜米兵見っけ!」
「待ってました!」
「よくも僕達から全てを奪ってくれたな!」
「これが父さんの分!」
「これが母さんの分!」
「これがうちのダンナの分!」
「全員の恨みを晴らすまでくたばるんじゃねえぞ!」
 なぶり殺しにされずに捕虜になったところで同じ運命であった。
 処刑されるか、消息不明になるのがほとんどだったという。
 当時のメディアは今と違ってアメリカびいきではなかった。
 たとえば、現在の愛知県豊田市にB29が墜落した際の昭和二十年(1945)一月六日付の朝日新聞にはこうある。
「掘り出された敵屍7、その他の『鬼ども』はこなごなに砕けているのも痛快だ」
 


● イスラム教スンニ派過激派武装組織「イスラム国」 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング